On The One !!!!

Funk is, Also what you don't play.

*

【前夜祭】応援コメント第1弾発表!【クラウドファンディング】

   

いよいよ明日の朝、「愛のペガサス入場無料ライブ開催プロジェクト」のクラウドファンディングの受け付け開始でございます!ドキドキです。

実は、ご支援お願いのビデオコメント収録が間に合っておりません。m(_ _)m
出来次第アップ致します。

ですがですが、ひとり盛り上がっております。
そこで本日は、プリンス研究家のTUNAさんにいただいた応援コメントを掲載いたします。

他にもコメントをいただいております。順次発表させていただきます!

プリンス研究家 TUNA氏応援コメント

愛のペガサス
こういう名前のミュージックバンドが大阪にはある。
バンド名の由来は、今年4月に急逝した偉大なるアーティスト、ミュージシャンそしてパフォーマーであったプリンスが
1979年にリリースした2枚目のアルバム「プリンス」の邦題からつけられている。
そのため、全く知らない人が初めて名前を聞いたらファンタジーな音楽を演奏するのか、と思うかもしれないが、
知ってる人は当然のごとくプリンスのカヴァーバンドとして活躍している才知にたける集団だということは周知の事実である。
あのプリンスの難しい楽曲をなんなくこなし(レパートリーは幅広く1979年から2004年まで)リアルミュージックをリアルミュージシャンが披露し、
バンドとしての統率もとれており(厳しい罰金制度のためか?)、更にはビジュアル面もプリンスと同じギターを弾いたりしていて五感で楽しめる。
何よりもバンド名にもつけられているようにプリンス“愛”のあるメンバーと演奏で感動すること必至である。
大阪を本拠地としているため東京で観ることはなかなか難しい。個人的にも2年は体験していない。
プリンスがいなくなってしまった現在、色んなアーティストによる追悼ライヴや楽曲カバーはあるけれども一時的なものであるし
それこそベスト盤に収録されているような限られた楽曲しか聴けない。
プリンス本人だけでなく、周辺アーティスト、関連楽曲までフォローして長年演奏してきている実力派ばかり揃ったメンバー。
国内唯一のカバーバンドとしての活動にはいやが上にも、期待が高まらないわけがない。
Ladies and Gentlemen,
I want you to get on your feet and I want you to pay homage to the one and only Prince!

LINEに送る はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly

 - 愛のペガサス

  関連記事